信濃の国からこんにちは

信州大学教育学部の三崎隆です。私たちの研究室は『学び合い』(二重括弧の学び合い)の考え方を大切にしています。

冬支度

 スズメが冬に向けて体を大きく丸くしています。羽根の間に空気の層を作ることをして断熱と保温を工夫します。寒い冬を乗り越えるために体に施す生きる術です。植物もそうですし動物も同じです。冬眠に入る動物もいます。卵で冬を越す動物もいます。いずれもDNAに組み込まれている種の保存と個体保存のためです。荘厳な自然の摂理です。今年はカマキリが卵を例年より高い位置に産んでいるという情報もあります。長い寒い雪降る冬に備えます。