信濃の国からこんにちは

三崎隆です。長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。 「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい。詳しくは,https://taka433ki.jimdofree.com/をご覧ください。

チーム演習

 我々の教職大学院は木曜日にチーム演習と称するグループディスカッションの演習を実施していますが,1週おきです。今週はM2の週で次週はM1の週です。M2となれば,残すところあと3ヶ月あまり。12月にまとめの中間発表会を行いますので実質的にあと2ヶ月ばかりの日数です。中間発表とは言え,実質的にはそれがほぼ最後の発表となります。したがってこの時期の発表はほぼ実践が終わり自らのこれまでの実践をリフレクションして自己更新を図り,自ら実践してきた教育効果の検証を試みる時期となっています。語る姿を見て語る内容を聞いて,惚れ惚れします。充実していた1年半であったことを良く伝わってくることが嬉しい限りです。共に汗できるのもあと少し,共に頑張りたいと思います。

学修者主体の学びの場を創る会

 夕べは学修者主体の学びの場を創る会です。今回は,私たちの研究室のゼミ長が招かれて話しをさせていただく機会をもらいました。ありがたいことです。私が初めて聞く内容もあって新鮮でした。時間をもらって話をしたあとに,ブレイクアウトセッションに別れてわいわいがやがやフリー・トークの時間が待っています。楽しいひとときです。学生が現職の中に入って自らの考えを伝え,みんなで議論することのできる場はそうそうに用意されているものではありません。それも対等にフリー・トークをすることのできる自由な時間は全くないものです。その意味では,幸せであると言えます。機会をくださったみなさんに感謝します。

発表プログラム公開

 11月7日(土)開催予定の一般社団法人日本理科教育学会北陸支部大会の発表プログラムが公開されたという連絡が実行委員会から届きました。実行委員長はじめ関係のみなさまのご尽力の賜です。私たちの研究室からも4名の学部4年生が発表デビューします。本年度は,臨床教科教育学会の全国大会が紙上発表とのことなので,彼らにとって日本理科教育学会北陸支部大会(11/7)と日本科学教育学会第4回研究会(12/13)の2回の口頭発表となります。移動を必要としない分だけホームでの発表の感じが強くなるので,少しは落ち着いて発表に臨むことができることが期待されますが,一方でオンラインでの発表となるために正面から同じ距離感で正対するだけにその分の緊張感は伴う可能性があります。いずれにしても,体調を整えて万全の準備をして臨みたいものです。

全体ゼミ

 月曜日の夜は全体ゼミの日です。昨晩もゼミ生が全員集まって全体ゼミをしました。前期から取り組んで来た模擬授業づくりが昨日でようやく完成しました。ゼミ生が3チームに分かれて,それぞれ独自の『学び合い』の考え方による授業を企画し,語りを考え,指導案を作ってワークシートを用意し,そして答えを準備してくれました。オンラインでの全体ゼミの下で,本当によくがんばってくれたと高く評価しています。いずれ実践できる日がくることを楽しみにしています。一区切りです。

忘れられない日

 誰しも忘れることのできないことがあります。今日は,私を育ててくださった恩師の先生のご命日です。常にお側にご一緒していたわけではないだけに,今でも彼の地におられるような錯覚を持つことがあります。「三崎さん」と笑顔で話をしてくださるかのように思います。思い出す度に涙が出ます。ご指導を受けたことを誇りに思います。いただいた薫陶を心に刻み,これからも精進します。合掌。

木星と土星

 19:00過ぎに帰宅するときに,信号待ちで歩道で立ち止まっていると,南の空やや西よりのところに燦然と輝く木星を確認することができます。一見して見つけることができます。しばらくじっと見上げていると,だんだんと目が慣れてきてその左脇少し離れたところに木星ほどの輝きではありませんが,輝いている星が確認できるようになります。土星です。木星土星が南の夜空に輝いていて,鮮やかです。東の空低く,木星と同じように輝いている星が見つかりますが,それが火星です。木星土星と火星は簡単に見つけることができて,分かりやすい惑星です。夜空の星が私たちに和みをプレゼントしてくれます。

出前授業はオンラインで

 ホーム・ページ(https://taka433ki.jimdofree.com/)に掲載してありますが,当面の間,『学び合い』ライブ出前授業は同期型オンライン授業ないしは非同期型オンライン授業でお応えすることにしています。それに伴って,必要経費は別途計算に基づいてお願いすることになります。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と感染予防の徹底の対策の一環としての取組としてご理解くださいますようお願いします。9年前に一度,県外の小学校にてSkypeと呼ばれるソフトウエアを使用して同期型オンラインで『学び合い』ライブ出前授業をさせていただいたことがあります。私が現地にいるわけではないので,実際にどのような立ち位置でどのように動くようにしたらよいのかを,当該校の先生方にその場で体験していただきながら実践できる良さを感得していただくことができたものです。できないことはでてきますが,できない環境だからこそできることもでてきます。できることを進めることによって,できない環境にない良さを創り出すことができるようになります。一日も早く,以前のような教育活動が展開できるようになることを心から願っています。